点滴滴下数、輸液残量の求め方をわかりやすく解説。【看護師国家試験】

国家試験では、点滴の滴下数や、点滴の残量を求める計算問題が出題されます。

数学が苦手な人には、頭を悩ませてしまう問題かもしれませんね。
解説を読んでも、意味がわからない!!と投げ出してしまう人もいるでしょう。

しかし、計算問題は必修問題でも出題されることがあるので、決して捨てていい問題ではありません。

また、計算問題は近年より複雑化し、マークシートで4つの選択肢から答えを選ぶのではなく、計算した答えをマークシートの数字を塗って答える形式が増えました。

そのため計算問題は、「最悪、4分の1の確率で当たればいいや!」と思っていられるものでは無くなりました。

苦手な計算問題を克服するコツは、計算を暗記するだけでなく、イメージを掴むこと。

 

そこで今回は、数学や計算が苦手な人向けに、暗記するべき公式と、過去の国試問題の解説をどこよりも詳しく絵を使って説明していきます。

 

これを読んで、点滴の滴下の問題を強化していきましょうね!

また、この記事は新人ナースにもオススメです。新人ナースは点滴の滴下数の調節がうまくできなくて悩む人が多いです。

この記事で点滴の滴下についてイラストで理解して、病棟での業務に役立てましょう。

ではまずは過去問題をベースに、解説していきます。

 

 
スポンサーリンク



1分間の点滴滴下数を求める計算問題

 

第102回 必修問題
点滴静脈内注射1800mlを行う。一般用輸液セット(20滴≒1ml)を使用した場合、1分間の滴下数はどれか。

 

まずは、この問題をベースに考えてみましょう。

点滴の滴下数を求めるためには、公式を使うのが一番楽な方法です。
手っ取り早い方法は、公式を暗記してしまうこと。

 

この問題では、成人用ルートを使用しているので、上の公式を使います。

当てはめて計算すると、

このように、1分間の滴下数は25mlと答えを出すことができます。

 

 

 

 

公式の意味を解説

公式の意味がわからないと納得できない人へ、この公式の意味をわかりやすく解説します。
イメージができると、計算式も暗記しやすくなりますよー!

 

先ほどの問題はこちらでしたね。

第102回 必修問題
点滴静脈内注射1800mlを行う。一般用輸液セット(20滴≒1ml)を使用した場合、1分間の滴下数はどれか。

 

 

まずは、1時間に何ml滴下するか求めます。

この問題では、1800mlを24時間で滴下する指示なので、1800ml÷24時間=75mlという式を使います。

 

1800÷24=75をわかりやすく絵で説明すると、こんな感じ。

これで1時間に75mlを滴下するとわかりました。

 

つぎに、75mlを滴下するためには、何滴必要なのかを求めます。

この問題では、20滴で1ml滴下できる成人用ルートを使用します。

1mlの仲間を75個分集めれば75mlになるので、20滴を75回分滴下する必要があります。

この計算は、20滴×75ml=1500滴。つまり1時間に1500滴、滴下するということ。

 

 

これを絵でわかりやすく説明すると、こんな感じ。

 

1時間は60分なので、1分間の滴下数を求める式は1500滴÷60分=25滴。

よって答えは、1分間に25滴、滴下することになります。

 

では次に、輸液の残量を求める計算問題を練習しましょう。

 

 
スポンサーリンク



 

輸液の残量を求める計算問題

輸液の残量を求める計算も国試に出題されるので、ここで確認しましょう。

 

第105回 一般状況
500mlの輸液を50滴/分の速度で成人用輸液セットを用いて順調に滴下し、現在80分が経過した。このときの輸液の残量を求めよ。

 

この問題の求めるところはここ。

 

輸液残量を求める公式はありませんが、求め方は2通りあります。
こちらも、絵を使った解説を見て、頭の中でイメージしながら問題を解きましょう。

 

 

輸液残量を求める計算方法①

まず、80分の間に何滴を滴下したか求めます。

1分間に50滴ずつ滴下しながら、80分が経過しているので、50滴×80分=4000滴で、
今までの80分の間に4000滴、滴下していることになります。

 

次に、4000滴は、何mlかを求めます。
1ml≒20滴の成人用ルートを使用しているので、4000滴÷20滴=200mlとなります。

 

4000÷20=200をわかりやすく説明すると、こんな感じ。

 

80分の間に滴下した量が200mlとわかったので、全体量から今までに滴下した量を引けば、残量が求められます。

500ml-200ml=300mlで、輸液残量は300mlです。

 

 

輸液残量を求める計算方法②

まず、1分間の滴下量を求めます。

1分間に50滴の速度で成人用ルート(20滴で1ml)で滴下しているので、50÷20ml=2.5mlとなり、
1分間に2.5ml滴下しているとわかります。

 

50÷20=2.5の説明は、こんな感じ。

1分間に2.5ml滴下していることがわかったので、
次に、80分間で何ml滴下したかを求めます。

 

計算式は、2.5ml×80分=200mlで、80分間で200ml滴下したことがわかります。

 

そして、全体量から今までに滴下した量を引いて残量を求めるため、500ml-200ml=300mlで、輸液残量は300mlです。

 

 

スポンサーリンク



まとめ

国家試験に出題される、点滴の滴下数を求める計算と、輸液残量を求める計算を解説しました。

計算問題を苦手とする看護学生は多いですが、絵を書きながらイメージしてみると、計算力がつくようになります。

繰り返し、計算問題の過去問に挑戦して、国試を乗り越えましょうね!

 

新人ナースは、受け持ち患者の点滴の滴下調整をするときに参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です