看護師国家試験まであと30日のあなたがやるべき2つのこと

看護師国家試験 勉強方法

 

前回の国家試験まであと50日のあなたがやってはいけない3つのことという記事では、

①模試の点数で落ち込むこと
②ノートに綺麗な絵を描くこと
③長時間のSNSやYouTubeの利用

という3つのポイントについて書きました。

 

国家試験9段階講座第7弾は、看護師国家試験まであと30日のあなたがやるべき2つのことです。

看護師国家試験 残り30日

ついに国家試験まであと1ヶ月となりましたね!勉強することが習慣になってきましたか?

この記事では国家試験までの30日をどう過ごすべきなのか、何を勉強したらいいのかを書きました。
やるべきことは次の2つ!

①暗記項目を固めていこう
②徹底的に風邪対策をしよう

ラストスパート、後悔しないための30日間を過ごしましょうね!

 

 

①暗記項目を固めていこう

国家試験は暗記することが多いです。その中でも覚えておくと点数アップに直結しやすい項目を6つピックアップしました。

①検査データの基準値暗記ポイント

②小児の成長過程暗記ポイント

③正常妊娠過程の暗記ポイント

④意識レベルの暗記・ゴロ

⑤褥瘡スケールの暗記・ゴロ

⑥計算問題5つの公式の暗記ポイント

ここに挙げた6つの項目は、全て暗記してください。
上から順番に1日1項目ずつ暗記します。6番の計算問題公式まで行ったらまた1番の計算データ基準値から暗記できているか順番に確認していってください。3〜4回繰り返し確認することで、知識が定着します。

看護師国家試験 暗記

 

看護師国家試験の簡単な暗記方法

暗記のポイントは、暗記しやすくなるように数字を簡単に直すこと。
教科書や参考書には、基準値5.2などと表示されていても、国家試験レベルでは5と覚えて問題ないものが多いです。そのため細かい小数点まで覚える必要のない数値は、キリのいい数字にしましょう。

以下の記事では、国家試験レベルでは問題ない程度に基準値などの暗記項目を覚えやすいように簡単に直しています。
>>>国試直前に確認!暗記総まとめ。【完全保存版】看護師国家試験の直前に覚えること総まとめ。

 

暗記が苦手な人は、ゴロを使って楽しく暗記するのも良い方法です!

▼看護師国家試験の暗記の参考書はこちらがおすすめ。263個ものゴロが載っています。


 

▼解剖生理学をゴロで暗記するにはこの1冊がおすすめ。癒し系イラストでクスッと笑えます。



私のブログでも、国家試験に出題される暗記項目をゴロで紹介しています。

・注射針の角度&太さ(ゲージ)の覚え方・ゴロ

・低血糖症状の覚え方・ゴロ

・バイオハザードマークの覚え方・ゴロ

 

 

②徹底的に風邪対策をしよう

看護師国家試験 風邪対策

国家試験まで残り30日の今は、勉強ももちろん大切ですが体調管理もかなり大事!!

夜更かしして国試勉強を頑張りすぎて、風邪をひいてしまったり、インフルエンザにかかってしまったりすると勉強ができなくなってしまいます。

 

私の友人は、国試直前にインフルエンザにかかり、当日は別室で試験を受けました。
発熱している中なんとか試験を受け、ギリギリの点数で合格しましたが、一歩間違えたら不合格です。

テストや実習を乗り越えてきても、最後の最後で体調を崩してしまっては、いままでの努力が水の泡です。
看護師を目指しているあなたなら、風邪対策に何をすれば良いか理解しているはずです。
そこで、プラスαの風邪対策グッズを教えます。

飲むだけ!絶対に風邪をひけないときに。



国家試験前に活蔘を教員に勧められて、私のクラスメイトはみんなでこれを飲んでました!
その効果なのか、飲んでた人の中で風邪をひいた人はいませんでした。飲んでない子は、インフルエンザになってしまった子がいました…。

あとは基本の手洗いうがい、手指消毒、加湿、睡眠、栄養補給を徹底してくださいね。

 

看護師国家試験までラストスパート!でも無理はしないで。

いかがでしたか?この記事では、

①暗記項目を固めていこう
②徹底的に風邪対策をしよう

という2つのポイントについて書きました。

 

国家試験まで残り1ヶ月のラストスパート時期ですが、夜更かしなどの無理は禁物。

この記事で紹介した暗記項目がまだ頭に入ってない人は、残り30日かけて全て暗記しましょう!
特に、検査データは暗記しておくと状況設定問題に強くなります。

体調に気をつけて、国家試験勉強を継続しましょう!

 

次の国家試験9段階講座は、看護師国家試験まであと1日の人がやるべき1つのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です