看護師国家試験まであと365日の人がやるべき2つのこと

看護師 国家試験 勉強方法

前回の看護師国家試験まで730日までのあなたがやるべき3つのことという記事では、

①簡単なわかりやすい参考書を読もう!
②アプリで看護師国家試験問題を解こう!
③毎日の授業は寝ずに参加しよう!

 

という3つのポイントについて書きました。

今回は国家試験9段階講座の第2段!この記事では、看護師国家試験まであと365日のあなたがやるべき2つのことを紹介します。

看護師国家試験 1年前

 

残り1年となった今、やるべき2つのことは何でしょうか?それは、

 ①国試対策の相棒!参考書を決めよう!
 ②領域別実習中に国試勉強を入れ込む工夫をしよう!

です。

国試まであと1年の今、この2つを確認しておかないと、国試直前の時期に点数が伸びずに焦ることになります。
この記事では、国家試験まであと1年の今やるべき2つのことを、詳しく書いていきます
一緒に確認していきましょう!

 

①国試対策の相棒!参考書を決めよう!

国家試験対策のために必要な参考書は、それほど多くありません。
同じような参考書をいくつも購入するのは、お金の無駄!!!時々、不安のあまり2冊も3冊もいろんな会社の過去問題集を買う人がいます。過去問題集は1冊でいいです。

参考書は、最低限『①必修問題集+②過去問題集+③レビューブック+(④苦手分野の参考書)』この4セットがあれば、確実に国家試験に合格できます!

看護師国家試験 おすすめ参考書

 

必修問題集のオススメ

必修問題は、50点中40点以上とれないと、例え他の項目が満点でも不合格になります。そのため、国試ギリギリまで必修が40点を超えなくて焦ってしまう学生が多くいます。

必修問題は基礎が出題されるので、必修問題がギュッと詰まった参考書を1冊買って問題のパターンに慣れることがポイント。

いくつも出版されている必修問題集から、厳選した5冊を人気ランキング形式でまとめました。中身の写真を見たり、特徴を読んで、自分に合う1冊を購入しましょう!

こちらから>>>【厳選】看護師国家試験オススメの必修問題集ランキングを紹介!

ちなみに私のオススメの必修問題集は、クエスチョンバンクです。

 


 


過去問題集のオススメ

過去問題集には、過去の国家試験問題が数千問載っています。
過去問題集は自分に合ったものを1冊買いましょう。いろんな会社から出版されていますが、2冊も3冊も買う必要はありません。
1冊を何度も繰り返し解くのが、国試勉強の基本です!!

何冊か比較して、相棒となる1冊を決めましょう!

先輩達がよく購入している人気の過去問題集を、ランキング形式で5冊紹介しているので、こちらも参考にしてください。
こちらから>>>【厳選】看護師国家試験の過去問題集5冊の人気ランキングを紹介!

私のオススメの過去問題集は、クエスチョンバンクのものです。
毎年、1番人気の問題集です。


レビューブック

レビューブックは、ほとんどの看護学生が持っていると言ってもいいくらいの人気の参考書!

人気の理由は、過去10年分の国試に出題された内容がギュッと詰まっていることと、自分なりに解説や絵を書き込むことで、可愛いレビューブックを作ったりとモチベーションに繋げやすいからです!
よく、Instagramにも看護学生達のレビューブックが載ってますよね。勉強したことをSNSに載せて、反応が得られるとモチベーションアップに繋がります。

私も勉強したことをレビューブックに追記したり、辞書代わりに使ったりしていました。世界に一つだけの自分だけの参考書を作るのは、テンション上がります!卒業して数年経った今でもボロボロのレビューブックだけは捨てられずにいます。

過去問題集と合わせて、レビューブックも購入しましょう。


 

②領域別実習中に国試勉強を入れ込もう!

最終学年になると、領域別実習がはじまります。
領域別実習とは、急性期、母性、小児、精神、老年、在宅などの専門的な分野の実習です。

この実習に合わせて、専門的な領域の国家試験勉強を始めましょう!

母性の実習に行く時は、母性看護学の過去問、精神科実習に行く時は、精神看護学の過去問を解きます。過去問を解くタイミングは、実習が始まる前に事前学習として調べ物をするときと、実習中です。

「記録があるから過去問解いてる暇なんて無いよ!!」

という声が聞こえてきそうですが、果たしてそうでしょうか?
1日1問でも、解く時間はありませんか?

朝起きて布団出るまでの少しの時間、実習先までの移動時間、お風呂の中、寝る前の布団の中など、5分でいいので隙間時間を見つけて解いてみてください。
実習中の受け持ち患者さんの疾患に関する問題を選ぶのがコツです。

過去問と実際の現場がタイムリーに繋がると、驚くほどに知識が身につきます。今、実習中の小さな積み重ねをするのとしないのとでは、国家試験前の模試の点数が大きく違います。

また、国家試験のためになるだけではなく、結果的に実習で役立つ知識も身につくのです。看護師や教員に質問される内容は、国家試験でも出題されるような重要ポイント!国試勉強で重要ポイントを抑えておくと、実習中に質問された時に答えられるようになります。

なので、実習している領域の国家試験問題を、実習前と実習中にやりましょうね。

 

看護師国家試験の勉強が本格的にスタート!

この記事では、国家試験まであと360日のあなたがやるべき2つのことを書きました。

①国試対策の相棒、参考書を決めよう!
②領域別実習中に国試勉強を入れ込もう!

用意するものは、

・必修問題集
・過去問題集
・レビューブック

看護師国家試験まで365日のこの時期に大切なのは、相棒(参考書)と国家試験勉強をスタートをすること。買って満足しないようにしてください。

次の国家試験9段階講座は、看護師国家試験まであと180日のあなたがやるべき2つのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です