胃がんの転移の覚え方はゴロで一発!【過去問題解説】

こんにちは!国家試験対策のもちゆきナースです♪
このサイトでは、どこよりも詳しい解説、国家試験の暗記ポイント、過去問の解き方をお届けしています。
『1日1過去問』のカテゴリー内の記事を毎日1記事ずつ読むだけで、過去問の分析方法、国試に出るポイントが理解できるようになります。

今回は、第107回国家試験の必修問題から、悪性腫瘍の特徴に関する問題の解説です。

悪性腫瘍と良性腫瘍の特徴の違いはわかりますか?

胃癌の転移の3種類は覚えていますか?

国試に出る部分なので、ゴロを使いながら覚えていきましょう♪

まずは問題を解いてみましょう。

 

問題

第107回 午前14
良性腫瘍と比較して悪性腫瘍でみられる特徴はどれか。

1.被膜がある
2.遠隔転移する
3.周囲組織に浸潤しない
4.増殖速度が緩やかである

 

 

正解は、、、

、、、2.遠隔転移するです。

解説

1.被膜とは、腫瘍を覆っている膜のこと。良性腫瘍は、腫瘍と正常な細胞との間の境界がはっきりしていますが、悪性腫瘍は被膜が無いので、境界がはっきりわかりません。
2.悪性腫瘍(がん)は、あちこちに転移するのが特長の1つです。
3.悪性腫瘍は、周囲の組織に浸潤(まわりの組織を壊して広がる)します。
4.悪性腫瘍は、良性腫瘍に比べて増殖速度がはやいです。

これは、悪性腫瘍と良性腫瘍のそれぞれの特徴を問う問題です。
それぞれの特徴を確認していきましょう!

 

詳しい解説

ここからは、より詳しい解説をしていきます。

悪性腫瘍の特徴3つ

1.自立性増殖・・・無制限に増えていく
2.浸潤・・・まわりの組織を壊しながら広がっていく
3.転移・・・リンパ液や血液に乘って、遠くの臓器まで移動する

※良性腫瘍も自立性増殖をするけど、正常な細胞との間に境界線がはっきりしているのが特徴。
悪性腫瘍は、境界線がはっきりしていません。

 

悪性腫瘍の3つの転移

悪性腫瘍の転移は、3つに種類分けができます。

1.血行性転移・・・癌が血液を介して移動し、転移する。
肺や、肝臓への転移が多い。
その理由は、大腸癌は肝臓を通らず解毒しないまま血液に乘って肺へ到達するため。
肝臓へは、胃・膵臓、結腸からの癌が門脈を通って転移する。

2.リンパ行性転移・・・癌がリンパ管に乘って移動し、転移する。
胃がんがリンパ管に乘って、左鎖骨窩のリンパ節へ転移することを、ウィルヒョウ転移と呼ぶ。

3.播種性転移・・・種をばらまいたように、散らばって転移する。
胃がんがダグラス窩に転移することを、シュニッツラー転移と呼ぶ。
胃がんが左右の卵巣に転移して作った腫瘍を、クルーケンベルグ腫瘍と呼ぶ。

 

胃がんの転移の覚え方は、ゴロを使おう!

3つの胃がんの転移パターンも国試で問われるので、ここで覚えましょう!
覚え方のゴロはこちら!

 

 

1.左鎖骨上窩にヒョウ・・・胃癌が左鎖骨上窩に転移する、ウィルヒョウ転移
2.ダグラス主任・・・胃癌がダグラス窩に転移する、シュニッツラー転移
3.卵巣に来るー!・・・胃癌が卵巣に転移する、クルーケンベルグ腫瘍

 

 

練習問題

ここで、悪性腫瘍の類似問題を解いてみましょう!

第103回 一般状況設定
胃がんについての組み合わせで正しいのはどれか。

1.腎臓転移ーウィルムス腫瘍
2.肝臓転移ーシュニッツラー転移
3.卵巣転移ークルッケンベルグ腫瘍
4.胃周囲リンパ節転移ーウィルヒョウ転移

 

 

正解は、、、

、、、3.卵巣転移ークルーケンベルグ腫瘍です。

 

解説

1.ウィルムス腫瘍は、腎臓の悪性腫瘍です。
2.シュニッツラー転移は、胃がんがダグラス窩に転移したものです。
3.クルーケンベルグ腫瘍は、胃がんが卵巣へ転移したものです。
4.ウィルヒョウ転移は、胃がんが左鎖骨上窩のリンパ節に転移したものです。

 

国家試験暗記ポイント

今回の国家試験暗記ポイントはこちらです。

暗記ポイント
悪性腫瘍の特徴は、
1.自立性増殖・・・無制限に増えていく
2.浸潤・・・まわりの組織を壊しながら広がっていく
3.転移・・・リンパ液や血液に乘って、遠くの臓器まで移動する

 

暗記ポイント
1.胃癌→左鎖骨上窩・・・ウィルヒョウ転移
2.胃癌→ダグラス窩・・・シュニッツラー転移
3.胃癌→卵巣・・・クルーケンベルグ腫瘍

ゴロを使いながら覚えて、国家試験に備えてくださいね!

 

国家試験に絶対合格するための勉強方法は、

①過去問題を解く
②解説を読む
③より詳しい解説を読んで理解する
④国試に出るポイントを暗記する
⑤類似問題を解く

この繰り返しをひたすら行うことです。

もちゆきナース室のこのサイトには、『1日1過去問』というカテゴリーがあり、この記事を読むだけで、
上記の①~⑤の流れに沿って勉強ができるようになっています。

自分で勉強する方法がよくわからない、まとまった詳しい解説を読みたい、こんな人はぜひこのサイトで勉強してみてくださいね!

『1日1過去問』はこちらから→過去問題解説をみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です