4つの呼吸副雑音の覚え方を紹介。このゴロを使えば完璧!【過去問解説】

こんにちは!国試対策のもちゆきナースです!
このサイトでは、どこよりも詳しい解説、国家試験の暗記ポイント、過去問の解き方をお届けしています。
『1日1過去問』のカテゴリー内の記事を毎日1記事ずつ読むだけで、過去問の分析方法、国試に出るポイントが理解できるようになります。

今回は、異常な呼吸音に関する過去問題の解説と、国家試験の暗記ポイントをお伝えします。
丸暗記するのが大変な方へ、簡単な覚え方としてゴロを紹介しています!

ここで4つの異常な呼吸音の分類をマスターしましょう(*’ω’*)

 

問題

まずは国家試験の過去問題を解いてみましょう!

第107回 午前19問
異常な呼吸音のうち高調性連続性副雑音はどれか。

1.笛のような音<笛音>
2.いびきのような音<類鼾音>
3.耳元で髪をねじるような音<捻髪音>
4.ストローで水に空気を吹き込むような音<水泡音>

 

 

正解は、、、
、、、1.笛のような音<笛音>です。

 

解説

1.笛音:高調性連続性副雑音
2.類鼾音(るいかんおん):低調性連続性副雑音
3.捻髪音:高調性断続性副雑音
4.水泡音:低調性断続性副雑音

 

詳しい解説

ここから詳しい解説をしていきます!

異常な呼吸音の分類

呼吸音を聴診した際に、スースーと正常な呼吸音以外に聞こえる異常な雑音を、副雑音(ラ音)と言います。

副雑音は、連続性か断続性かに分けられ、そこからさらに高音性か、低音性かに分けられるため、4つに分類されます。

国家試験で出題される4つの副雑音は、以下のゴロを使って覚えましょうね♪

 

①類鼾音

類鼾音は、グーグーと言う鼾(いびき)のような音がします。
連続した低い音のため、連続性低調音に分類されます。

この音が鳴る原因疾患は、太い気管支に異物が詰まった時や、COPD(慢性閉塞性肺疾患)です。
COPDは、慢性的な気道閉塞が特長としてあるので、太い気管支が狭くなった時に鳴る音が、類鼾音ということです。

ゴロは、『太った人はいびきをかく!!』(太い気管支の閉塞で類鼾音が鳴る)で覚えましょう!

 

 

 

 

②笛音

笛音は、ヒューヒューと笛を鳴らしたような音がします。
連続した高い音のため、連続性高調音に分類されます。

この音が鳴る原因疾患は、気管支喘息です。
気管支喘息の時に、細い気管支が狭くなると、笛のような高い音が鳴ります。

ゴロは、『喘息の人が笛を吹く!!』で覚えましょう!

 

 

③捻髪音

捻髪音は、パリパリと細かく途切れた音がします。
断続した高い音のため、断続性高調音と言ったり、細かい断続性副雑音に分類されます。

この音が鳴る原因疾患は、間質性肺炎です。
間質性肺炎では、肺胞が硬く厚くなります(線維化)。

風船をイメージしてみましょう。新しい伸び縮みするゴムの風船は、スーッと膨らむのに対し、ゴムが古くて硬くなった風船は、膨らみにくくバリバリと音がしそうではありませんか?

息を吸ってもうまく吸えずに、バリバリと音がするのが、間質性肺炎の捻髪音です。

ゴロは、『熱発の監視係』(捻髪の間質性肺炎)で覚えましょう!

 

 

④水泡音

水泡音は、ブツブツと荒く途切れた音がします。
断続した低い音のため、断続性低調音、または、粗い断続性副雑音に分類されます。

この音が鳴る原因疾患は、肺水腫や、気道に分泌物が貯留した時です。
肺水腫は、体液が肺胞内に漏出する疾患です。

水の入ったコップにストローで息を吹き込むときに鳴る、ブクブクとした音が聴診で確認できます。

ゴロは、『排水がブクブク』(肺水腫がブクブク)で覚えましょう!

 

 

 

練習問題

それでは、国家試験の過去問題に挑戦してみましょう!

上記の内容を理解していれば解けるはずですよ♪

 

第99回 必修問題
呼吸音の聴診で粗い断続性副雑音が聴取されたときに考えられるのはどれか。

1.気道の狭窄
2.胸膜での炎症
3.肺胞の伸展性の低下
4.気道での分泌物貯留

 

 

 

正解は、、、

、、、4.気道での分泌物貯留です。

 

解説

問題の、粗い断続性副雑音というのは、粗く途切れた音、ブクブクと鳴る水泡音のことを指しています。
水泡音は、肺の中に水が貯留しているときに鳴る音でしたよね!
気道に分泌物が貯留していると、水の中に息を吹き込んだようなブクブクという音が鳴ります。

4つの副雑音のそれぞれの原因疾患や、連続性・断続性などの分類は、国家試験で問われることがあるので、暗記しておきましょうね♪

種類 分類 原因疾患
類鼾音 連続性低調音 グーグー 異物、COPD
笛音 連続性高調音 ヒューヒュー 気管支喘息
捻髪音 断続性低調音
(粗い断続性副雑音)
パリパリ 間質性肺炎
水泡音 断続性高調音
(細かい断続性副雑音)
ブクブク・ブツブツ 肺水腫、気道分泌物

 

国家試験暗記ポイント

今回の国家試験のための暗記ポイントはこちら!

ゴロ★覚え方
・太った人は鼾をかく(太い気管支閉塞は類鼾音)
・喘息の人が笛を吹く(喘息は笛音)
・熱発の監視係(捻髪音は間質性肺炎)
・排水がブクブク(肺水腫は水泡音)

この覚え方で、異常な呼吸音は完璧♪

 

国家試験に絶対合格するための勉強方法は、

①過去問題を解く
②解説を読む
③より詳しい解説を読んで理解する
④国試に出るポイントを暗記する
⑤類似問題を解く

この繰り返しをひたすら行うことです。

もちゆきナース室のこのサイトには、『1日1過去問』というカテゴリーがあり、この記事を読むだけで、
上記の①~⑤の流れに沿って勉強ができるようになっています。

自分で勉強する方法がよくわからない、まとまった詳しい解説を読みたい、こんな人はぜひこのサイトで勉強してみてくださいね!

『1日1過去問』はこちらから→過去問題解説をみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です