母体保護法の国家試験出題ポイント。暗記すべきところはズバリここ!

こんにちは!もちゆきナースです。
この記事では、母体保護法の国家試験暗記ポイントをまとめています。

看護師国家試験に出題される社会保障制度は、暗記するべきことが多く、内容がイメージしにくいので、苦手とする学生が多いです。

暗記するべきことが多い分野だからこそ、効率良く暗記することが大切になります。

全てを暗記しようとするのでは時間も気力も持たないので、ここでは国家試験に出題されるポイントを中心にまとめました。

この記事でまとめた暗記ポイントは最低限暗記するようにし、国家試験直前にも確認しましょう!

 

 

母体保護法の目的

母体保護法の目的は、母親の命や健康を守ることを目的として定められている法律です。

 

母体保護法で定められているもの

①不妊手術

不妊手術は、妊娠できなくするための手術です。

妊娠・出産は、母体にかなりの負担をかけるものです。

妊娠・出産することで母体に命に関わる影響を及ぼす危険があるときには、この法律に基づいて不妊手術が行えます。

 

②人工妊娠中絶

人工妊娠中絶は、妊娠を人工的に中止させることを言います。

人工妊娠中絶は、妊娠満22週未満の場合、以下の2つのケースに適用されます。

1.身体的・経済的理由により母体の健康を著しく害するおそれのあるケース
2.暴行・脅迫による妊娠

 

③受胎調節の実地指導

受胎調節というのは、健康や経済状況により妊娠を促進させたり、阻止させたりと調節するものです。

実地指導では、避妊器具や医薬品を使った避妊の指導を行ったりします。

指導ができるのは、医師や、講習を受けて受胎調節の実地指導員になった助産師・保健師・看護師です。

 

母体保護法の国家試験暗記ポイント

以下のポイントは、国家試験のために最低限暗記しておくべき部分です。
模試の前や国試の直前にも確認しましょう!

暗記ポイント
・母体保護法に定められているのは、①不妊手術②人工妊娠中絶③受胎調節の実地指導
・人工妊娠中絶は、妊娠満22週未満のケースに適用

 

この内容を暗記したら、以下の国家試験の過去問題を解いて練習してみましょう!

 

 

母体保護法に関する国家試験問題①

看護師国試の過去問題を解いて知識の確認をしましょう!

第99回 一般状況設定
母体保護法が規定しているのはどれか。2つ選べ。
1.人工妊娠中絶
2.助産施設への入所
3.妊産婦の訪問指導
4.受胎調節の実地指導
5.妊産婦等にかかわる危険有害業務の就業制限

 

 

 

正解は、、、

 

、、、1.人工妊娠中絶と、4.受胎調節の実地指導です。
(※この問題は答えを2つ選ぶ問題です。)

 

解説

2.助産施設への入所は、児童福祉法によって規定されています。
3.妊産婦への訪問指導は、母子保健法に規定されています。
5.妊産婦等にかかわる危険有害業務の就業制限は、労働基準法によって規定されています。

 

 

母体保護法に関する国家試験問題②

 

第88回 一般状況設定
受胎調節実地指導員の認定を規定している法律はどれか。
1.生活保護法
2.母子保健法
3.地域保健法
4.母体保護法

 

 

 

正解は、、、

、、、4.母体保護法です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

他の社会保障の法律に比べて、母体保護法で覚える内容は少ないです。

そのため、母体保護法で定められている③つの内容を確実に覚えれば、他の法律が少しあいまいだったとしても消去法が使えます。

本当は、他の法律の内容もしっかり覚えるべきなんですけどね(;・∀・)
でも、暗記できている法律の数が多くなれば多くなるほど、社会保障の範囲の点数アップにつながります!

この記事の暗記ポイントを覚えて、国家試験に挑みましょう!

 

 

国家試験に絶対合格するための勉強方法は、

①過去問題を解く
②解説を読む
③より詳しい解説を読んで理解する
④国試に出るポイントを暗記する
⑤類似問題を解く

この繰り返しをひたすら行うことです。

もちゆきナース室のこのサイトには、『1日1過去問』というカテゴリーがあり、この記事を読むだけで、
上記の①~⑤の流れに沿って勉強ができるようになっています。

自分で勉強する方法がよくわからない、まとまった詳しい解説を読みたい、こんな人はぜひこのサイトで勉強してみてくださいね!

『1日1過去問』はこちらから→過去問題解説をみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です