運動習慣のある割合が高い年齢階級は?グラフあり。【過去問解説】

こんにちは!もちゆきナースです。
このサイトでは、どこよりも詳しい解説、国家試験の暗記ポイント、過去問の解き方をお届けしています。
『1日1過去問』のカテゴリー内の記事を毎日1記事ずつ読むだけで、過去問の分析方法、国試に出るポイントが理解できるようになります。

今回は、国家試験問題の、運動習慣のある割合が高い年齢を問う問題を、グラフを使って解説をします。

この問題は、実は過去にも同じような問題が出題されています。

しかも、今回も前回も必修問題として問われています!

落としたくない問題なので、しっかり確認しましょうね(・∀・)

 

 

問題

まずは国家試験問題から解いてみましょう!

第107回 午前25
平成26年<2014年>の国民健康・栄養調査において、運動習慣のある女性の割合がもっとも高い年齢階級はどれか。

1.30~39歳
2.40~49歳
3.50~59歳
4.60~69歳
5.70歳以上

 

 

 

 

正解は、、、

、、、5.70歳以上です。

 

 

 

 

解説

平成26年の国民健康・栄養調査では、20歳以上で運動習慣のある割合が最も高い年齢は、男女ともに70歳以上です。

ちなみに、最も運動習慣のある割合が低い年齢は、男性30~39歳、女性20~29歳です。

 

 

 

詳しい解説

この超高齢社会の日本において、運動習慣が一番あるのはまさかの70歳以上だったんですね!

若い人たちほど、運動をする習慣が無いなんて…( ;∀;)

 

 

こちらは、厚生労働省の国民健康・栄養調査結果の概要から、身体活動・運動に関する状況について抜粋したものです。

 

このグラフのピンクに塗っている部分が、70歳以上のグラフです。

男女ともに、70歳以上の方が運動習慣のある割合が一番高いことがわかりますね!

 

ちなみに、ここで言う「運動習慣のある者」とは、1回30分以上の運動を週2回以上実施し、1年以上継続している者です。

 

あなたは、運動習慣はありますか?

もちゆきは、最近ウォーキングをするようにしていますが、サボるときがあり習慣化していないので、ここには当てはまらないです( ;∀;)

美味しいお菓子を食べても太らないように、運動する習慣をつけないと…(-_-)トホホ

 

 

過去にも同じような問題が出題されています!

 

運動習慣について問う問題は、過去にも出題されています。

それがこちらの問題。

 

第103回 必修問題
平成28年<2016年>の国民健康・栄養調査において、運動習慣のある女性の割合が最も高いのはどれか。
1.30~39歳
2.40~49歳
3.50~59歳
4.60~69歳
5.70歳以上

 

 

 

正解は、、、

、、、5.70歳以上です。

 

先ほどと問題文は少し違いますが、聞いている内容は全く同じです。

ということは、今後もこの問題が出題される可能性があるということ。

 

こういった国民調査の問題は、年月が経つと答えが変わっていくこともありますが、

運動習慣の調査に関しては、ここ10年で大きな値のバラツキがないので、

しばらくの間は運動習慣がある割合が一番多いのは70歳以上の方、と覚えていて大丈夫です。

 

 

国家試験暗記ポイント

今回の国家試験暗記ポイントはこちら。

暗記ポイント
運動習慣のある年齢階級で一番多いのは、男女ともに70歳以上である。

運動習慣のある割合を問う問題は、過去にも出題されいていますし、今回も前回も必修問題で問われています。

国民調査に関する問題は、完全に暗記になってくるので、国試直前にも確認して確実に答えられるようにしましょう。

 

国家試験に絶対合格するための勉強方法は、

①過去問題を解く
②解説を読む 
③より詳しい解説を読んで理解する
④国試に出るポイントを暗記する
⑤類似問題を解く

この繰り返しをひたすら行うことです。

もちゆきナース室のこのサイトには、『1日1過去問』というカテゴリーがあり、この記事を読むだけで、
上記の①~⑤の流れに沿って勉強ができるようになっています。

自分で勉強する方法がよくわからない、まとまった詳しい解説を読みたい、こんな人はぜひこのサイトで勉強してみてくださいね!

『1日1過去問』はこちらから→過去問題解説をみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です