JCSとGCSの覚え方を紹介!ゴロと絵のイメージで暗記しよう!【国試直前の暗記!】

こんにちは!もちゆきナースです。

意識レベルを評価するスケールでよく国家試験に出題されたり、臨床で使われるものには、JCS(ジャパンコーマスケール)と、GCS(グラスゴーコーマスケール)があります。

この2つのスケールは国家試験までに暗記しておきましょう!
そこで、なかなかJCSとGCSを覚えられない人のために、ゴロや簡単な覚え方をまとめました。
この記事を読めば、JCSとGCSを暗記することができるはずです!

では、以下で詳しくみていきましょう。

 

 

・JCS(ジャパンコーマスケール:3-3-9度方式)

JCSは、大きくⅠ、Ⅱ、Ⅲのレベルに分かれており、さらにその中で3段階に分類され、合計9つの意識レベルの段階があります。
点数が少ないほど意識ははっきりしていて、点数が高くなると意識が悪い状態です。

Ⅰ-1 意識清明とは言えない
Ⅰ-2 周りのことがわからない。見当識障害がある。(現在の場所、日付、時間等がわからない)
Ⅰ-3 自分の名前、生年月日が言えない

Ⅱ-10 普通の呼びかけで目を開ける
Ⅱ-20 大きな声や揺さぶりで目を開ける
Ⅱ-30 痛み刺激を加えて呼びかけると目を開ける

Ⅲ-100 痛み刺激に対して払いのける
Ⅲ-200 痛み刺激に対して少し手足が動いたり、顔をしかめる
Ⅲ-300 痛み刺激に対して反応しない

では、JCSのⅠ、Ⅱ、Ⅲ、の段階ごとに細かく見ていきましょう。

 

JCSⅠ.刺激しなくても目を開けている状態

Ⅰ-1 意識清明とは言えない
Ⅰ-2 周りのことがわからない。見当識障害がある。(現在の場所、日付、時間等がわからない)
Ⅰ-3 自分の名前、生年月日が言えない

覚え方・ゴロ

JCSのⅠは、『ハマジ』と覚えよう!

ハ・・・Ⅰ-1 はっきりしない
マ・・・Ⅰ-2 周りのことがわからない
ジ・・・Ⅰ-3 自分のことがわからない

 

JCSⅡ.何らかの刺激によって目を開ける状態

Ⅱ-10 普通の呼びかけで目を開ける
Ⅱ-20 大きな声や揺さぶりで目を開ける
Ⅱ-30 痛み刺激を加えて呼びかけると目を開ける

覚え方・ゴロ

JCSのⅡは、『恋~い』と覚えよう!

こ・・・Ⅱ-10 声掛けで(目を開ける)
ぉ・・・Ⅱ-20 大声で(目を開ける)
い・・・Ⅱ-30 痛みで(目を開ける)

 

JCSⅢ.痛み刺激を加えても目を開けない状態

Ⅲ-100 痛み刺激に対して払いのける
Ⅲ-200 痛み刺激に対して少し手足が動いたり、顔をしかめる
Ⅲ-300 痛み刺激に対して反応しない

覚え方・ゴロ

JCSのⅢは、『はかない(儚い)』と覚えよう!

は・・・Ⅲ-100 払いのける
か・・・Ⅲ-200 顔をしかめる
無い・・Ⅲ-300 反応無し

 

JCSは、まとめて『ハマジの恋~い、儚い!』のゴロで覚えよう!

JCS(ジャパンコーマスケール)の覚え方は、『ハマジの恋~い、儚い!』です。
このゴロを使って丸暗記しちゃいましょう!

 

GCS(グラスゴーコーマスケール)

意識レベルを評価する際にもう一つよく使われる、グラスゴーコーマスケールです。
グラスゴーコーマスケールは、『E:開眼、V:発語、M:運動』の3つの項目で意識レベルを評価します。
Eは4点満点、Vは5点満点、Mは6点満点で、合計で15点満点となり、一番低い点数が3点となります。

E:開眼

4点:自然に開眼
3点:声掛けに開眼
2点:痛み刺激で開眼
1点:開眼しない

V:発語

5点:普通に会話
4点:混乱した会話
3点:混乱した単語
2点:理解不明の音声
1点:発語なし

M:運動

6点:指示に従う
5点:痛みを払いのける
4点:痛みから手を引っ込める
3点:異常屈曲
2点:異常伸展
1点:動きなし

では、E,V,Mのそれぞれの項目ごと、覚え方をみていきましょう!

 

GCSのE:開眼の覚え方

4点:自然に開眼・・・4ぜんに開眼
3点:声掛けに開眼・・・たく3声かけて開眼
2点:痛み刺激で開眼・・・2ねって開眼
1点:開眼しない・・・なし

 

GCSのV:発語の覚え方

こちらの絵のイメージを頭に入れておくと、覚えやすいですよ!!

5点:普通に会話・・・5く普通に会話
4点:混乱した会話・・・4本の指で混乱した会話を聞き返すイメージ。
3点:混乱した単語・・・単語=Ward。Wと3を連動して覚える。
2点:理解不明の音声・・・音声=Voice 。Vと2を連動して覚える。
1点:発語なし・・・『シー』の指と1を連動して覚える。

 

GCSのM:運動の覚え方

Mの運動の項目も、絵をイメージして暗記しましょう!

6点:指示に従う・・・『オッケー』の指と6を連動して覚える。
5点:痛みを払いのける・・・払いのける手と、5を連動して覚える。
4点:痛みから手を引っ込める・・・手を引く腕の角度が4に見える。
3点:異常屈曲・・・異常な屈曲をしている手の角度が3に見える。
2点:異常伸展・・・異常な伸展の姿勢が2に見える。
1点:動きなし・・・動きのない真っ直ぐな姿勢が1に見える。

 

まとめ

いかがでしたか?

ジャパンコーマスケールは、数字が大きいほど状態が悪い!です。
グラスゴーコーマスケールは、数字が小さいほど状態が悪い!です。

これも混乱しやすいので、間違わないようにしましょうね!

わかりにくいスケールは、丸暗記するのは大変なのでゴロを使ったり、絵でイメージして効率良く暗記できるようにしましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です