看護学生の実習に必要な持ち物5選!ナースになってからも使える必需品を紹介!

新しく看護学校に入学したみなさんへ!

ようこそ、看護の世界へ♡

看護学校に入学したら、専門的な授業や病院での実習がはじまります。ここで実習に必要な物品を確認して、準備をしておきましょう♪

看護実習で必要な物品5選

1.バインダー(クリップボード)

実習の時は、看護記録という、患者さんの状態を分析した用紙を持ち歩いたり、実習のプリントに必要事項を記入する場面があります。

その時は必ずしも机がある場所とは限りません。
とっさの時も、プリントを見直したり、記入ができるようなバインダーを持っていると便利です。

また、バインダーは看護師になってからもよく使うもので、必需品と言えるので長く使える丈夫なものを用意すると良いでしょう(*‘∀‘)

買える場所
・100円ショップ
・文房具店
ナースグッズ通販サイト

 

2.ボールペン

看護記録は、基本的に鉛筆やシャープペンなどの消せるもので書いてはいけません。
そのため、必然的にボールペンの使用頻度が上がります。
実習中は持ち物が多くなり過ぎないように、1本のボールペンをポケットに入れて持ち歩くので3色ボールペンを使用することをおススメします。

ちなみに、どんなボールペンでも構いませんが、看護師に大人気のボールペンが、ジェットストリームのボールペンです(*´ω`*)

今までにいろんな種類のボールペンを使ってきましたが、このスラスラと書ける気持ちよさがたまらなくて、私は一度使ってからジェットストリームをまとめて購入して使っています♪
1本約600円程度で購入できます!

 

3.小さなメモ帳

看護実習中は、ファイルを持ち歩いていない場面でも急にメモが必要になる場面がたくさんあります。

患者さんのバイタルを測定したとき、わからないことがあったとき、アドバイスを受けた時などは、その場でメモをします。
そのため、実習服のポケットに入るサイズの小さなメモ帳は必需品です(・∀・)

私は、実習で受け持ちをする患者さんの観察項目をメモして、実際にベッドサイドで観察するときに忘れないようにしていました!

 

買える場所
・100円ショップ
・文房具店

 

4.時計

実習中は時間を守ることが大切です。

看護師「〇時に検温行きますよ~」「この患者さんの検査は〇時からですよ~」

常に時計を見ながら行動をするので、腕時計やナースウォッチは必須です!

そして、秒針を見ながら脈拍を数えたり、点滴の早さを合わせたりするので、針のついている時計を買うのがオススメ!
また、腕時計をしたまま手を洗うことがあるので、防水の時計のほうが安心です!

私は防水では無い時計をしていたので、入浴介助の時に水没して壊れてしまいました(´Д`)泣

私が実際に使っていてとても使いやすかったナースウォッチを紹介しておきますね。

看護師になってからも長く使える、防水、見やすさ、チェーンの豊富さ、可愛さ、値段、どれをとっても満足のナースウォッチです♪

 

 

5.お役立ちカード

お役立ちカードって何?って思う方も多いかと思います。

実習中、担当看護師に「血圧の基準値はわかる?」「この心電図の意味はわかる?」等、聞かれることもあります。

もちろん、勉強中の身ですから、すぐに知識を全て頭に入れる必要はありません。

でも、患者さんを受け持ち、看護をするためには必要な知識がたくさんあります。
そんな時に、いちいち教科書をたくさん病棟には持って行けないので、小さなカンペのようなカードを持って行くと便利です♪

その、カンペのようなカードが、お役立ちカードというもの♪
実習中によく使う基準値や、スケールなどの必要な情報がギッシリ載っています。ポケットに入るサイズなので、私は実習中毎回持ち歩いて、その都度確認するようにしていました(・∀・)

種類も多く、看護師になってからも使うので、本屋などで実際に見て自分にとって使いやすいものを買えるといいのですが、お役立ちカードは、大きな本屋でないと売っていないことも多いです(´・ω・)
そのときはネットを利用して購入しちゃいましょう!

まとめ

以上の5つが、実習に行く前に揃えておくべきナースグッズです!

ナーズグッズの多くは、専用のナースグッズ物品購入サイトで買えちゃいます。
有名な通販サイトだと、ナースリーを使っている先輩が多いですし、私もいつもナースリー購入サイトでグッズを購入しています。

上記で紹介したものは、看護師になってからも使うものばかりなので、長く使えるものを用意したいですね(*´ω`*)

事前に必要なグッズをバッチリ用意して、実習を乗り越えましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です