「新人や新卒看護師は急性期を選ぶべき」ってホント!?

配属希望 看護師
看護学生
新卒は、急性期や外科を経験しておいた方がいい!って言われたんだけど、本当にそうなの?

就職活動をして内定が決まると、次に配属先の希望で悩んだりしますよね。

新人看護師の配属先について、

・最初は外科などの急性期で知識や技術をつけたほうが将来困らない

・若いうちに忙しい外科に行っておかないと、年齢を重ねてからはキツイ

・小児科や精神科に行くと、基礎的な知識がつかないので困る

こんな意見、聞いたことありませんか?(・∀・)

これを聞くと、

「じゃあ、将来困らないように外科を希望しておこうかな。」

と思う学生も多いでしょう。

もちゆき
私は学生のみんなに、外科でも内科でも、オペ室でも透析室でも、小児科でも精神科でも、どこでも好きなところを希望していいよ!!!と全力で伝えたい!

「本当は行きたい科があるけど、周りが最初は忙しい外科に行くべきだと言うから悩んでいる…」

と言う人は、この記事を読んでください(・∀・)

周りの意見や将来のことを心配せずに、好きな配属先を希望しよう!という気持ちになれますよ♪

▼憧れの美容外科ナースの給料や働き方のリアルをぶっちゃけ!興味ある人は覗いてみてね。

美容外科ナースになりたい!給料は?魅力は?

2022.02.15

スポンサーリンク

「最初に外科や急性期に行け!」と言われる理由

「新人のうちに、外科や急性期の忙しいところに就職したほうがいい。」

という意見、よく聞くだけあって間違ってはいないんです。

新人が外科に就職したほうがいい理由は、

・外科は医療処置が多く、様々な経験が積めるから

・たくさん教えてもらえる新人の時に、経験の多い場所にいたほうが勉強になるから

・最初に忙しいところでやれば、次どこにいってもこなせるから

というものがあります。

そのため、最初に外科や急性期に就職することで、早くに急性期に対応できるスキルが身に付きます。

しかし、新人のうちに外科や急性期を選ぶべき人は、全員ではありません。

このメリットは全員には当てはまらないのです。

 

新人で外科や急性期を希望するべき人は、将来外科系で働きたいと考えている人

「外科を最初に希望したほうがいい!!」

と勧めてくる人は、

『看護師として年数を重ねたときに、経験が浅いと困るから最初にいろいろやっとけ!』

と思っている人です。

ただ、これに当てはまるのは、将来外科系統の科で働きたいと考えている人です。

以下の人は、外科を希望しなくても良いです。

いつかは精神科ナースになりたい

施設やクリニックで働きたい

内科系で働きたい

そんなビジョンがある人は、必ずしも外科を経験してなければ一人前になれない!なんてことはありません。

むしろ、将来施設やクリニックで働きたいと思っているのに、

『とりあえず最初は外科や急性期で!』

なんとなく職場を決めてしまうと、自分のやりたいこととのギャップに苦しんでしまいます。

就職時に、自分のなりたい看護師像があるのなら、だれがなんと言おうとそこを目指せばいいんです。

スポンサーリンク

新人が内科に就職しても急変時の対応は学べる

私が新卒で配属先の希望を出すとき、やはり

「最初は急性期がよい!」

という噂に惑わされて、悩みました。

しかし、結果は内科希望を出しました。

内科を希望した理由は、

急性期をやれる自信が無かった

内科を勉強したかった

消化器内科を勉強して楽しかった

こんな理由もあり、新卒で最初に配属されたのは消化器内科でした。

自分の興味のある科に就職できたことで、勉強も楽しくできたし、大変な中でも楽しく仕事ができました。

内科でも急変は起こるし、救命処置を行う機会もあったので、急性期の勉強をすることもできました。

その後4年で最初に就職した病院は退職しましたが、転職してもそのときの技術と知識で看護ができたので、困ることはありませんでした。

そして結婚して子育てにより看護から離れたので、最初になんとなく急性期病棟に就職していたら、やりたい内科をやらずに家庭に入ってしまい後悔してたのではないかと思います。

 

急性期にこだわらず、自分のやりたい看護の道に進もう!

どんな科に配属されたとしても、そのときの経験は必ず将来の役に立ちます。

急性期や外科でなければ、看護師として一人前になれない!なんてこともありません。

医療は日々進歩し続けているので、いつだって看護師は勉強が必要です。

あとから急性期を学びたいと思えば、そのときに勉強してできるようになればいいのです。

未来のことは誰もわかりません。

結婚して子育てのために長い期間看護師から離れることもあるかもしれません。

看護師以外の仕事をやりたくなることがあるかもしれません。

だったら我慢して急性期病棟に行くより、今やりたいと思う看護ができる場所に行くべきだと思いませんか?

就職場所を選ぶポイントはたくさんあります。

・実習のときに行って楽しかった病棟

・国試勉強をしてて得意だった分野

・憧れのナースがいる病棟

・仲良しの友達と頑張れそうなところ

・認定や専門看護師などスキルアップができそうなところ

まわりの意見に流されず、自分のやりたい看護ができるところで自分らしく働けるといいですね!

合わせて読みたい>>>1年目で辞めたい新人看護師へ。本当に転職してもいいの?

スポンサーリンク

病院の内部情報を知ってから就職しよう!

就職するときは病院の雰囲気や人間関係などの情報収集をしておくと、安心です。

レバウェルのサイトからは、無料登録すれば全国の病院の口コミを教えてもらうことができます!

プロの担当の方がついてくれるので、自分が行きたいと思う職場についての内部事情も聞いておきましょう!

私は就活する前に、レバウェルに無料登録して自分の就職したい病院の口コミを知って心構えを決めておきました(・∀・)

 

まとめ

いかがでしたか?

「新人は急性期や外科に就職すべき!」

という意見はある意味正しいけど、一番大切なのは自分のやりたい看護ができる場所に就職することです。

看護師の働ける場所はたくさんあるので、自分らしく楽しく看護ができることを願っています。

合わせて読みたい>>>【医学書は高く売れる!】いらなくなった参考書をお小遣いに変える方法

2 件のコメント

  • こんにちは!
    春から看護師の予定です。
    精神科に内定をもらっています。
    精神科を学びたく試験を受けましたが、実は急性期にも興味があります。精神科から急性期は無理かなと思っていました。記事を見て春からが楽しみになりました。
    看護の勉強を続けていきたく、看護雑誌を購入しようと思っています。おすすめがありましたら、良ければ教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。

    • こんにちは!お返事がおそくなり申し訳ありません。
      精神科で内定をもらっているのですね!自分の興味のある科で勉強できることはとても幸せなことですよ!楽しく看護師ができるといいですね♪

      看護雑誌についてですが、エキスパートナースが人気のようです。お試しで購入してから、定期購読をしてみるとよいかもしれませんね!雑誌は最新情報がみれるのでおススメです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です