看護師ママが使った赤ちゃんのよだれかぶれ改善薬。レビューブログ。

こんにちは。生後6ヶ月の男児のママです(*´ω`*)

生後5ヶ月で離乳食を始めてから、急に口まわりや、頬、顎のよだれかぶれが悪化してきた息子。

保湿剤や、かぶれを抑える薬などを試し、かぶれないための予防や対策を徹底した結果、かなり改善してきました!
今回は、私が行った3つのよだれかぶれ対策と、改善の方法を紹介します(^^)/

酷いよだれかぶれに悩んでるママは、このやり方を試してみる価値ありです!!

ビフォー

よだれかぶれ 対策 改善 よだれかぶれ 対策 改善

アフター

よだれかぶれ 対策 改善 よだれかぶれ 対策 改善

 

生後5ヶ月。離乳食を開始後よだれかぶれ発生

生後5ヶ月を迎えてから、よだれも増えたし、食べ物に興味を持ち始めたので離乳食を開始しました!

それから数日後、今までよだれが出てても綺麗だった肌が少しずつ荒れるように。
口周りの赤みから始まり、アゴ、頬、首、耳の下の方へと広がっていきました。
服やスタイで擦れているところは、酷い時は汁まで出てしまうほどでした。泣

予防接種のついでに医者に診てもらったら、体には症状が出ていないのでアレルギーやアトピーでは無いとの診断でした。

 

よだれかぶれに市販薬を塗るも改善されず

いつもお尻のオムツかぶれに使っていた市販薬のポリベビーを塗っていましたが、改善はみられずどんどん悪化しました。

 

↑ポリベビー、これね。
ポリベビーは、オムツかぶれにはすごくよく効くのでいい薬だと思います。うんちで肛門周りが赤くなった時も、すぐに塗ればすぐ良くなります。
しかし、残念ながらうちの子のよだれかぶれには相性が悪かったようです。

そこで、ネットやママ友の口コミを調べて、いろんなよだれかぶれ対策をした結果、1番良かった方法は次の3つ!

①保湿+②バリア+③スタイです。

 

よだれかぶれ対策①保湿

肌は乾燥すると刺激に弱くなってしまうので、まずは保湿が大切!
いろんな保湿クリームを使ってみたけど、やっぱり1番肌の潤いを閉じ込めてくれるのはベビーワセリンです。

 

これは私の周りのママ友も大勢使っていて、みんなも大絶賛していました!
冬なんかは、水仕事で荒れた自分の手にも塗って保湿してました♡笑

塗ったばかりはちょっとベタベタする感じはあるんだけど、このベタベタ感で潤いを閉じ込めてくれるのかなーと思います!
時間が経つとすぐに馴染んできて、べた付きはあまり気にならなくなります。1日に3回ほど塗ってるとすぐに消費してしまうので、ネットでまとめ買いしてました。

 

よだれかぶれ対策②バリア

よだれかぶれの原因は、よだれと食べ物が口周りを刺激してしまうことなんだそう。
そのため今までワセリンだけで保湿していたけど、ベビープロペクトベールも使ってみることに。
プロペクトベールは、離乳食やミルクの前に塗るとベールのように肌を包んで食べ物やミルクの刺激から守ってくれます。
ワセリンだけではカバーできなかった肌を保護してくれるんですよね。
これを塗ると、口周りが汚れてもいっか!という気持ちで離乳食を進めることができました。

 

 

よだれかぶれ対策③スタイ

うちの子の、よだれかぶれの1番酷かった場所は、ちょうど首のよだれかけや服と擦れる場所でした。
よだれやミルクで荒れているときに、顔を横にブンブン振って擦れてしまい、すごく荒れました。
そこで、肌に優しい布を使ったスタイに変えてみたところ、擦れて赤くなることは無くなりました!
特にオーガニックコットンのスタイは、触った感じもサラサラしていて、肌に優しそーうな手触りです。

 

肌荒れを放っておくとアレルギーの原因に!?

離乳食を始めた頃は、食べ物のアレルギーが心配ですよね。
うちは、弟が卵アレルギーを持っていたので、母が料理やオヤツに気を使ったりと苦労していたのを子供ながらに覚えています。
そんなアレルギーの原因は、肌の荒れたところから原因物質が体内に入ることで、抗体が作られ、口から食べた時にアレルギー反応を起こしてしまうんだって!
だからよだれかぶれを放っておくことは、今後いろんなアレルギーを発症してしまう原因になってしまいます。
なんでもモリモリ元気に食べて欲しいから、肌荒れには気を付けてあげたいですね。

 

まとめ

いかがでしたか?
よだれかぶれ改善のために私がやったことは、①プロペトで保湿+②ベビープロペクトベールでバリア+③オーガニックコットンのスタイです。
この方法でも改善しないときは、皮膚科や小児科で診てもらって、症状に合わせたお薬をもらうことも大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です